読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかわ ただのりの日記

使用上の注意を正しく守って、個人の感想であり、まあ落ち着こう。 http://xap.hatenablog.com/entry/2015/11/01/211243

客に食べ方を強いる時点で店として終わってるという話

少し前にどこかの焼き鳥屋さんが焼き鳥は串から外さないで食べて欲しい的な事を言ってるのが話題になった。


まあ、あの話は焼き鳥屋さんの「出来ればこうして食べてほしいなー」みたいな内容だからいいんだけど、昔から、やたらと客に「こう食べろ」と強要する店の話は尽きない。

 

料理人も言わば技術者なので、自分が丹精込めて作った料理を一番美味しく感じられる方法で食べてほしいと思う気持ちを持つ事は理解できる。
だが、それを客に強要してしまうのは、店として作り手としてプロとしては、負けなのだ。

 

そもそも、人が料理を美味しく感じる要素なんて、性癖と一緒で、見た目やシチュエーションで大きく変わるものだ。


強要された食べ方でしか頂けない料理なんて、あれこれ指図されながらやるセックスと同じでなんら魅力を感じない。
(そういうのが好きな人もいるかも知れんが)

要は、もう、その時点で「味」を落としているんだと思う。

 

好きに食うのが一番。

 

あ、だからといって、食べ物を冒涜するような食べ方するのは、モラルの問題なので論外ですよ。

 

以上、よろしくお願いします。