みかわ ただのりの日記

使用上の注意を正しく守って、個人の感想であり、まあ落ち着こう。 http://xap.hatenablog.com/entry/2015/11/01/211243

電車に駆け込む人の顔が気持ち悪い

毎朝毎晩、通勤に電車を使っているが、電車に駆け込む人は後を絶たない。

その電車を逃してしまうと遅刻してしまう、とにかく急ぎ目的地に向かわねばならない、そんな理由がある事は容易に想像できるが、それにしても......と思ってしまう。

が、それ以前に駆け込む人達の顔にどうしても嫌悪してしまう。

口を半開きにし、電車の一点を見て周囲が全く見えていない、あの醜悪な表情。

それが男であれ女であれ、若かろうが年老いていようが、その表情は醜い。

運良く飛び乗れた時や、目の前でドアがしまった後の薄ら笑いには怒りさえ覚える。

その身勝手な行動で電車を数秒でも止められでもした時は、そういった行動を後先何も考えずにできる存在に、消えてなくなれとさえ思ってしまう。

 

僕は、僕自身のミスや身勝手な行動で他人の時間を奪う事に対しひどく恐怖する質なのだと思う。

だからこそ他人のそんな行動に、もし自分が......と考えて嫌悪してまうのだろう。

 

だから、僕は急がないで済むよう早めに家を出る。

乗れそうでも無理に乗り込まない。

遅延や急な腹痛などで遅れそうなら迷わず遅刻の連絡を入れるし、そもそも二、三本後の電車でも問題無いような時間で行動している。

僕自身が醜悪な表情にならないように。