読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかわ ただのりの日記

使用上の注意を正しく守って、個人の感想であり、まあ落ち着こう。 http://xap.hatenablog.com/entry/2015/11/01/211243

無洗米でも無洗米じゃなくても、つや姫は美味しいよ

anond.hatelabo.jp

どうやら、世の中には無洗米を嫌がるマンというのが一定数いるらしい。

まあ、僕はそんなに鋭敏な味覚をもっていない、というか何食ってもそれなりにうまいと思う自称「幸せの舌(ハッピータン)」なので、まあそういう感覚が鋭い人ってのは、ある意味かわいそうだよね。その人も周りの人も。

 

とはいえ、米もやはり食べ比べれば旨い、旨くないってのはあるけど同じ種類、同じ精米日とかなら無洗米であろうがなかろうが、それほど変わらんのじゃないのかな、と僕は思う。

「無洗米は高いくせに、まずい」とも言われるが、さほど味に違いは無い気がする。

そして「高い」のは、それだけの理由があるからだ。

米を研ぐというのは、なかなかこれで地味にめんどくさい。

炊飯釜で研ぐわけにはいかないので、

1.ボールに米を入れ

2.まずは浄水でさっと洗い、すぐに水を捨て

3.また浄水を注ぎ軽く研いで、すぐに水を捨て

4.本格的にざっしゅざっしゅと微妙な力配分で研いで

5.浄水ですすぎ、米をこぼさぬように水だけを捨てる

6.最後に炊飯釜に米を残さず入れ、

7.水を入れて、炊飯セット

という7工程が必要となる。

が、無洗米の場合は、

1.炊飯釜に米をいれて

2.水を入れて、炊飯セット

これだけでいいのだ。すごい!

我が家は奥さんが荒れ易い手肌の持ち主であるため、米とぎや、食器洗い等の水仕事は僕の役目である。

だから、米が無洗米のときは楽ちんだし、僕が出来なくとも手肌の荒れやすい奥さんでも炊飯器に米をセットしておけるのだ。

 

この楽ちんさの前では、無洗米か無洗米じゃないかの味の差なんか、マジ誤差。

まあ、ハッピータン持ちの僕の意見なので全く参考にならないと思うが、そこまで無洗米を嫌がるなら、まあ嫌がる本人が研げばいいさ。

 

そんな味の差より米の品種と精米日の方を気にすべきだと僕は思う。

ハッピータンな僕でもはっきりとわかるほど違いがある。

そんな僕のオススメ米は、我が故郷、山形のブランド米「つや姫

まじで、騙されたと思って食ってほしい。

もちろん炊きたてもうまいが、違いがはっきり出るのは冷や飯になってから。

弁当などで冷めた状態でも、はっきり旨いよ。

 

もちろん、無洗米もそうじゃないのもあるよ。

 

いかん。はらへった。