読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかわ ただのりの日記

使用上の注意を正しく守って、個人の感想であり、まあ落ち着こう。 http://xap.hatenablog.com/entry/2015/11/01/211243

転職回数が多いから、転職に苦労したことが無い

タイトルは半分釣り。

僕はいわゆる、ジョブホッパーというやつでして、これまでの転職回数は10を超えます。ちなみに現在4x歳です。


もちろん「そうだ、転職しよう」と自分から転職したこともありますし、「あ、会社潰れちった」てな感じでやむなく転職したこともあります。

 

まあ、僕の携わっているIT関連というか、要はIT系何でも屋さん的な仕事なんて、どこ行ってもそこそこやってけるし、スキルや経験や資格なんて自分持ちなんで比較的転職してる人は多いんですが、そんな業界で僕と同じような年齢の人でも、これまで転職したことないよ派の人の方がやっぱり多い気がします。

特に所属してる会社が大きいところの人ほど、転職バージンは多い印象です。
このへんも、まあ、そりゃそうですよねって感じで、特に不思議でもないですな。
だって、それなりに大きい会社って事は、もちろん福利厚生も大概はしっかりしてますし、給与面でも悪くはないでしょうし、なにより高い競争率を闘って入社したでしょうから学歴も能力も申し分無いわけで、それなりの努力の結果、今の会社に就いているのでしょうし、そうそう簡単に辞めたりはしないですよね。

 

そこからすれば、僕なんて、閑古鳥鳴く自営業兼パチンカーな親父殿を見て育ち、高卒でふらっと就職して、最初に入った会社は、なぜか鉄パイプ作ってる会社だから「え?これIT関係なくね?」とか言って一年で辞めて、この業界に入ってきたようなモグリなんで、転職自体になーんの罪悪感も不安感もないくらいでありまして、強いて言えば経歴書書いたりとか面接で腹の探り合いとか超めんどくせえな、くらいの感覚しかなかったりしてて、もうガバガバですわ。ガバガバ。

 

とはいえ、過去に就いた会社だったり、これまでプロジェクトで行った先の会社だったり、お客さんの会社だったりといろんな会社と付き合ってきましたが、ああこの会社と一生添い遂げたいわなんて思える会社は皆無ですね。いやむしろ超ブラックか、ブラックだけどほんのちょっとは甘さもある微糖タイプがほとんどですわ。
まあ、今の会社が一番ユルユル、ミルクもシュガーもたっぷりでチョー気持ちいぃぃ感じ(ただし給料はお安いですよ奥さん)なんで、まあ会社の体力が持つ限りはこの会社に居るのかなぁなんて思っておりますが、そんでも社会人生活二十余年、転職回数10回目にしてようやくそんな会社に出会えたわけですから、就職一発目で相性ぴったんこな会社に入れる人なんか、すげえ強運の持ち主か、チートID持ちか、レア会社確定ガチャでもやった人じゃなきゃ、なかなかいらっしゃらないんじゃないかと思うんですが、どうなんでしょうかね?

むしろ、名のある川の主的な大会社の方々の方が、案件直撃してるんでなかなかに大変そうですよ。まあ病むわな、普通。

 

こんな僕でも、いちおう、一部上場のそれなりに格付のよろしい会社で働いてた事もあったんですが、毎月黒字を達成するために血反吐はきながら仕事こなして、お客さんからハンコ貰いたいが為にクチでもケツでも毛穴でも開いて回る日々を経験しておりまして、いや地獄ですねありゃ。
俺、何のために働いてるんだろう?あ、そうか株主様のためだわ!あはは!あはははは!よし辞めよう!てな感じで辞めましたよ。はい。

 

実際、奥さんやら周りにもぶーぶー言われましたが、本気で死にそうだから勘弁!ってな感じで今の会社に入ったので、転職の勘どころだけは自分を褒めてあげたいです。いえーい、なでなでしてー!モルスァ

結局、なんの話してんのかわかんなくなってきたので、強引にまとめるとですね、僕が就職するちょっと前にバブルちゃんが弾けちゃって以降、不景気が続いてる……わけじゃなくって、高度経済成長とかバブルとかでフィーバータイムに突入してただけの事で、世の中的にはそれ以降の状態が普通で、その普通しか経験したことない人たちが増えてきたおかげで、やっとこ日本も仕事とかモノの価値観も常識的な考え方になってきたんんじゃないのかなと。
だから、フィーバータイム世代の人たちのいう事とかガン無視きめて、今の価値観で転職なんかガンガンしちゃえばいいんだよ。うん。
ていうか死ぬな。

 

以上、よろしくお願いします。